シミ取りクリームを口コミをもとにランキング化!

いつの間にか出来てしまっているシミ!

 

長年取れずにずっと残っているシミ!

 

そんなシミに いまシミ取りクリームが大人気。

 

シミ取りクリームなら 美白成分がお肌にぴたっと密着。

 

しっかりとお肌にはたらきかけてくれます。

 

シミ取りクリームには 皮膚科のシミ治療でも処方されるクリームと同じ美白成分が入っているもの、メーカーが独自に開発した成分のシミ取りクリームなどがあり、人気となっています。

 

そんなシミ取りクリームをランキング化。

 

あなたにぴったりのシミ取りクリームがすぐにわかります。

 

 

シミ取りクリームの選び方

 

シミ取りクリーム,ランキング

 

あなたのお肌に合ったシミ取りクリームの選び方をご紹介しましょう

 

選ぶ際にチェックしたいポイントはいくつかあります。

 

 

シミ取りクリームに配合されている美白成分から選ぶ

 

シミ取りクリームは、メーカーにより配合されている美白成分もさまざま。

 

ハイドロキノンやアルブチンなどの有効成分もあれば、メーカーが独自に開発した美白成分が配合されているものもあります。

 

美白成分によってどのような特徴があるのかをよく理解して選ぶようにしましょう。

 

 

試しやすいシミ取りクリームから選ぶ

 

シミ取りクリームはメーカーによって 試しやすいトライアルセットやミニサイズなどを用意しているところも多くなっています。

 

美白成分は、ものによっては お肌に刺激となりやすいこともあります。

 

また、同じ美白成分でもメーカーによって配合の仕方などに工夫してあり使用感などが違うこともあります。

 

ですのでまずは少量を試してみてお肌に合うか確認してみるようにしましょう。

 

 

ランキングで上位のシミ取りクリームを選ぶ

 

シミ取りクリームでランキング上位のものは、効果の実感のしやすさなどで口コミでも定評のあるものが中心になっています。

 

多くの人に支持されている、良い口コミの多いシミ取りクリームを選ぶのなら 必ず参考にしてみましょう。

 

 

肌質によりシミ取りクリームを選ぶ

 

敏感肌の方は 美白成分などが刺激となりやすいことがあります。

 

敏感肌の方でも 刺激になりにくい成分で作られているシミ消しクリームなども発売されています。

 

心配な方は まずはこのようなものから試してみることをおすすめします。

 

 

シミ取りクリームランキングで人気の美白成分

 

シミ取りクリーム,ランキング

 

シミのケアには あなたの肌質に合った美白有効成分を使うことが重要です。

 

お肌に合わない、続けにくいシミ取りクリームではシミへの効果も実感できません。

 

シミ取りクリームのランキングでも人気の美白成分の特徴についてご紹介しましょう。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCはシミ対策だけでなく、様々な美肌効果のある成分として長年使われています。

 

ビタミンCにはできてしまったメラニン色素を還元化するだけでなく、メラニンができるのを抑制する働きもあります。

 

また、お肌の内側でコラーゲンが生成されるのをサポートする働きもあるので、シミだけでなくシワ対策にも使えます。

 

シミ取りや美肌のためにお肌からビタミンCを付ける場合は、肌なじみのよいビタミンC誘導体として配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは シミのもととなるメラニン色素を還元化する働きがとても強く、人気のある美白成分です。

 

作用が強い反面、お肌に刺激になりやすいため使用時には注意が必要ですが、メーカーによっては刺激になりにくいように配合してあるものもあります。

 

使う際には 必ず少量で試して刺激にならないか確認するようにしましょう。

 

 

アルブチン

 

アルブチンはハイドロキノンによく似た構造の成分ですが、刺激になりにくく安全性が高い美白成分として知られています。

 

今あるシミだけでなく、メラニン色素ができるのを抑制する働きもあるので シミ予防としても活用できます。

 

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。

 

また、お肌の炎症や肝斑の改善などにも効果のある成分です。

 

 

シミ取りクリームでケアできるシミの種類

 

シミ取りクリーム,ランキング

 

シミにも種類があります。

 

シミ取りクリームでケアしやすいシミもあれば、そうでないものもあります。

 

シミの種類や、ケア方法などについてご紹介しましょう。

 

 

老人性色素班

 

いわゆるシミと呼ばれるものの中で代表的なもの。

 

主に紫外線の影響でできるシミで、始めは薄く小さいものが 徐々に濃くなってゆくという特徴があります。

 

シミ取りクリームでできてしまったシミのケアだけでなく、つくらない予防も必要です。

 

 

肝斑

 

肝斑は頬などに左右対称に出ることが多く、老人性色素班と比べると 薄く境界線が分かりづらいシミの一種です。

 

肝斑はホルモンバランスの影響でできやすいため、出産後や更年期などに増えやすくなるという特徴があります。

 

プレ更年期の30代から出る方も多く、肝斑だけでなくシミも出ているということも珍しくありません。

 

肝斑には トラネキサム酸の内服薬が効果的と言われていますが、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームでのケアもおすすめです。

 

 

そばかす

 

そばかすは遺伝的要素が強いものですが、色白の方は遺伝と関係なく出やすいと言われています。

 

そばかすは細かいシミ状のものが鼻の周囲からでき始めるのが特徴で、紫外線の影響で増えたり濃くなりますので、遺伝だからとあきらめずに予防ケアも行うようにしましょう。

 

シミ取りクリームでのケアに加えて、紫外線対策も行うことをおすすめします。

 

 

脂漏性角化症

 

シミがイボのように盛り上がっているもので、シミの角質が紫外線の影響で厚くなったり変化したものです。

 

加齢とともにできやすくなりますが、20代のうちから出る方も。

 

予防には紫外線をお肌にあてないことが重要になります。

 

数ミリの小さいイボは 専用ジェルクリームなどでのケアが効果的です。

 

大きく盛り上がったものや、急に大きくなったものは皮膚科での治療をおすすめします。

 

 

炎症性色素沈着

 

ニキビやかぶれの跡が茶色く残ってしまったもので、メラニン色素がとどまった状態です。

 

下着による圧迫や お肌の摩擦による黒ずみもこの種類のシミと言えます。

 

シミ取りクリームでのケアに加えて お肌に刺激を与えないようにすることも重要です。

 

 

シミ取りクリームは顔だけでなくボディのシミ取りにも

 

シミ取りクリームはお顔にできてしまったシミだけでなく、体にできたシミのケアにもおすめです。

 

ボディにできるシミのうち、手の甲のシミはとても目立ちますし年齢を感じさせます。

 

また、背中やデコルテにできたシミはドレスや水着を着る際などにとても目立ちます。

 

クリームでしたら、美白成分がお肌に密着しやすくなりますので ボディのシミのケアにも使いやすくなっています。

 

軽く塗りこんでから 下着や洋服を着るようにしましょう。

 

 

シミ取りクリームをシミの予防にも活用

 

シミ取りクリーム,ランキング

 

完璧に紫外線対策をしていたつもりでも出来てしまうのがシミ。

 

シミ取りクリームの美白成分には、シミができにくくなる、いわば予防に適したものもあります。

 

具体的には シミのもととなるメラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑制するものがあるのです。

 

このような成分の配合されているシミ取りクリームを使い続けることで、今できてしまっているシミのケアだけでなく、シミの予防にもなります。

 

 

このチロシナーゼを抑制する働きのある美白成分には

 

ビタミンC誘導体

 

アルブチン

 

などがあります。

 

 

まずはハイドロキノンなど還元作用の強い美白成分入りのシミ取りクリームでケアをしてから、このようなシミ取りクリームに切り替えるというケア方法もできます。

 

通年使うようにして シミそのものができにくいお肌作りを目指しましょう。

 

 

 

シミ取りクリームは男性にもおすすめ

 

シミ取りクリーム,ランキング

 

シミが気になるのは女性だけでなく男性も同じですね。

 

紫外線の影響でシミができる仕組みは男性も同じです。

 

男性は ファンデーションを塗る習慣がないため、よりお肌を紫外線にさらしやすく、そのためシミができやすいとも言えます。

 

男性のシミにもシミ取りクリームによるケア、そしてメラニン色素を作らない予防のケアが効果的です。

 

クリームなら できてしまったシミに軽くのせるようにして付けることでケアができます。

 

スキンケア製品を使い慣れていない男性でも 扱いやすいですし、美白成分がお肌に密着するのでより効果的です。

 

ランキングで上位のシミ取りクリームは 化粧品らしい香料などは無添加、パッケージもシンプルで男性も使いやすくなっています。

 

シミ取りクリームをつけた箇所は、紫外線が刺激となる場合がありますので 特に気を付けてUV対策をするようにしましょう。

 

また、普段から日焼け止めを使って予防ケアをすることもおすすめします。

 

詳しくは シミ取りクリームは男性のシミのケアにも もご参照ください。

 

 

シミには体の内側からのケアも

 

シミ対策には シミ取りクリームでのケアが効果的ですが、同時に心がけたいのが体の内側からのケア。

 

特に ビタミンCをお肌の内側から補給することで、メラニン色素の無色化や、抑制効果がより実感しやすくなるだけでなく、お肌の代謝サイクルの正常化も目指すことができます。

 

ビタミンCや 肌代謝を助けるビタミンEなどを多く含む食材を日ごろから取るように心がけるようにしてみましょう。

 

また、寝不足や喫煙といった体にとってストレスとなることは シミを増やす原因にもなります。

 

特に喫煙は体内のビタミンCを大量に破壊するため シミ消しを決心したら禁煙を心がけるようにしましょう。